赤ちゃんが泣く理由のひとつに、体調不良があります。その中に嘔吐する症状があるのですが、そもそもなぜミルクしか飲んでない赤ちゃんが吐くのでしょうか?

【赤ちゃんの胃の形状にその理由があります】

赤ちゃんの胃は、わたしたち大人の胃と異なり、まっすぐです。また、体のつくりも未発達な部分が多いため、胃の入り口も絞られておらず、食べ物の出入りが自由な状態です。少しした事で吐きますし、新生児などはとくに、おっぱいを飲みすぎてはいたり、げっぷがうまくできない事が原因で、吐く事はあります。その時に泣く事があるかもしれませんが、不快感により泣いているだけなので、楽な状態を保てるよう横に寝かしてあげ、あまり動かさないようにしていれば、時間の経過とともに治ると思います。もし、嘔吐の際に吐血などがあった場合は、すぐに病院へ連れて行ってください。

【ほっといたら治るケース】

吐いた後に、なんともないような感じで、すぐに機嫌がよくなるような感じの場合は、大丈夫です。また、食欲もすぐに戻り、笑っているような状態が続くのであれば、元気な証拠です。

【ほっとくと危険なケース】

放置してはいけないケースは、嘔吐に血が混入している場合、高熱がある場合や、便にいつもとは違う異常(色、量、回数、ゆるさなど)が見られてしまった場合、または吐いた後も具合が悪そうにしており、苦しそうなとき。これらはすぐに病院に連れて行くべきだと思います。

また、まれにあるのが、何かで頭を強打したりして、嘔吐するケースです。これらは、あまりにその衝撃が強い場合は、何かの障害に発展する可能性も出てきますので、すぐに小児科を受診して調べてもらいましょう。

【どのような病気が考えられるのか?】

基本的に多いのが、風邪です。ただ、大人の風邪と、赤ちゃんの風邪では、そのだるさは異なります。赤ちゃんはまだ弱く抵抗力もないので、ただの風邪でも、そこからいろんな病気につながったりすることもあるので、初期段階での治療が必要となってきます。

他には急性胃腸炎などの可能性も考えられますので、おかあさんが出来る事は、日々の赤ちゃんの健康状態の観察を怠らない事です。常に変化を記録しておき、便の観察記録、平熱の記録、全体的に笑顔だったとか、機嫌がよさそうだったとかでも良いので、全部記録しておきましょう。

後々、何かの病気にかかってしまった時の判断材料として、役に立ちますので、習慣化して記録をおこなっていきましょう。