産後の育児は思いのほか体力が必要になります。そして、出産するまでは腰痛しらずだったのに、産後から急に腰痛持ちになり、尚且つ産後の体は急に元の体に戻ることが出来ない上に、赤ちゃんのお世話で思いのほか前かがみの姿勢が多くなります。おむつ交換や着替えなど、出産後1年くらいは本当に大変なのです。

その時に便利だなと思ったのが、ベビーベッドでした。使用する期間は1年くらいなので、レンタルしていました。値段的には購入するより高いのかもしれませんが、その後の保管場所や処分の事を考えると、レンタルで良かったなと思いました。

ベビーベッドは月齢に合わせて使用したり、世話する人の用途に高さを合わせたりすることができます。そのベビーベッドによって、合わせられる高さが違うので、自分の身長を基準にして世話する時の高さを考えた方がいいと思います。

特に産後半年後くらいは、おむつ交換やミルクのはき戻しなどで着替えが頻繁にあります。そういった時に、畳などの地べたで交換すると思いのほか腰に負担がかかります。その時にベビーベッドがあると、自分は立ったままで楽な姿勢で作業ができるので、産後の体にとっても負担が少ないのです。また、風呂上げのお世話はかなり時間がかかるので、ベビーベッドに寝かせて作業するのはとても楽です。とにかく、立ったり座ったりすることがなく、色々家事をしているついでで立ったまま作業できるのは、腰に負担がかからないので、とても助かりました。

また、赤ちゃんが自分一人で歩いて移動できない間は、基本寝かしておく体勢になるので、掃除するときに地べたで寝かしてその横から掃除機やほうきで掃除するわけにはいかないので、そういった掃除の時でもベビーベッドに寝かしておきながら作業すると赤ちゃんに直でほこりが舞うことがないので、オススメです。

このように、私が育児していた時は日中ほとんどベビーベッドで過ごしていました。とにかく、お母さんの体を労りつつ育児をこなしていくのが一番です。