育児を考え直す中で一番役に立ってくれたと思う事、それはやはり保育所だと思います。

ちょうど阪神淡路大震災の直後に保育所を探していました。そのせいか役所も今よりも緩い目で、こちらからガンガン入れてほしいと言って行った事で、どさくさの中ではありますが、入所を許可してくれました。

保育所に入る長女はひどい食物アレルギーを持っていました。近所にある私立の保育所にいくつか連絡をしてみましたが、「そういう対応はできない」とひとことで電話を切られてしまいました。そんな電話の後悔しくて泣いている妻の姿を見るのがつらかったのを覚えています。

公立の保育所に何とかもぐりこめはしましたがいつもお弁当を持って登校し、おやつは持参のものを、みんなと離れた机で先生と二人で食べるという生活でした。その保育所では長女のアレルギーのことをあれこれと気にしていただき、看護師の資格を持つ先生をつけてくれるような配慮もしてもらいました。

毎日のお弁当はしんどかったと思いますし、何度かは、友達の食べているクッキーのかけらが口に入り、「アナフィラキシーショック」で顔全体が腫れ上がり、保育所からの呼び出しで仕事を誰かに預け、タクシーで主治医の病院へ走ったことも何度もありました。

それでも娘にとっては、保育所は友達と遊べる楽しい場所であり、先生と新しいお遊戯のできる素敵な場所だったようです。毎晩寝る前には必ず今日習ったお遊戯を、自分が先生になり、ぬいぐるみを並べて一通りやってからでないと寝ないというほど、毎日の保育所は娘にとって楽しい物でした。親も生徒の一人として扱われ、きちんとお遊戯をしないと寝かせてくれませんでした。

確かに同じ年ごろの子供達と一緒に遊べるという事、そして、年長組になれば竹馬や運動会で小さい子の面倒を見られるという事、そんな毎日の事が自分が大きくなっているのだという事を実感させてくれると共に、つながりや友達を助けるという事の大切さを自然に教えてくれた場所なのだと思います。

今、保育所が少なく、入るのに予約がいるだとか、仕方なく家では気は親と暮らしているような状態をやはり悲しく思います。子どもは子どもの中で育ち、様々な事を覚えて大きくなっていく、育っていくものだと実感しています。