痛い・・・大人でも痛みで泣いてしまう事はあります。わたしなどはいい年をしていても、痛みに過敏なので、すぐに涙が出てきます。涙というのは、体の反応なので、大人でも赤ちゃんでも、何かしらのリアクションだと考えればよいと思います。

なので、怒っているわけでも、怖がっているわけでもない場合は、痛みを感じていないか、考えるといいと思います。基本的に赤ちゃんは一歳半くらいまでは、痛みに対して鈍感だと言われています。なので、わたしたちには痛そうに見えても、あまり痛みを感じなかったりすやすや寝ていたりします。

【赤ちゃんが痛みで泣く原因について】

痛みでなくというのは、ある種とてもシンプルな表現方法だと思います。怒っているとか、怖がっているというのは、何かわかりにくいです。赤ちゃんであっても、人の心の中を読み取るのは不可能だと思います。

そのため、察する事は出来ても言い当てる事は出来ません。しかし、痛みの場合は、目に映る原因である可能性もありますし、腹痛や発熱による痛みである場合は、生命の危機を伝えてくれるケースもあるので、あまりにひどい泣き方の場合には注意してみておきましょう。

【痛みから学ぶ赤ちゃんの対応方法】

痛みひとつからでも、赤ちゃんとの接し方が分かってきます。無痛無汗症という症状もあって、先天的な痛みを感じない赤ちゃんもいます。また、基本的に痛みを感じにくいのが赤ちゃんなのですが、わたしたち大人と違うからこの子なにかおかしいのかな・・・などと思うと、今後の育児に大変な思いをすると思います。

神経症の親からは、子供も神経質な子供になる可能性が高く、大変な思いをしますので、意識して気にしないようにしないと、赤ちゃんも大きくなって大変な思いをします。あまり、過剰に反応するのではなく、痛みに弱いのは個性として受け取るくらいで、あまりにひどいなと感じたら、病院につれていく事も必要でしょうが、強い子供に育てるためには、すぐに病院や薬という判断は少し考えものかもしれません。

【理解されない事が痛みを大きくしてしまう】

理解されないというのは、とても辛い事です。痛みの原因をわかってもらえずに、遊んでもらいたいのかなとか、お腹が空いてるのかなと思われてそのように扱われるのは、非常にイラつきますし、自分がそれをされたら怒りで狂いそうになると思うのです。なので、的確な対応をしないと、赤ちゃんはもっと泣く事になります。

痛みで泣いている時の特徴については次章でお話ししようと思います。