Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.

赤ちゃんの泣き止む方法

環境の変化が赤ちゃんが泣きやまない原因である

赤ちゃんって、かわいいですよね。我が子ならその愛おしさもものすごいものだと思うのですが、実際に育児となると、夜泣きや原因がわからないのに泣きじゃくっていたりと、本当に大変です。おかあさんは、自分の生活を犠牲にして、子供に捧げないといけませんし、それが出来るのが母子の絆と呼ばれるものなのかもしれませんが、実際にやってみると、そう簡単にはいきません。

赤ちゃんが泣く

なので、新生児の赤ちゃんが泣きやまない原因とその解決方法をしってされいれば、かなり対応できるケースも増えてきますので、自分への負担も減ると思います。産後うつ、育児うつなんて病気まであるように、愛情を注いであげたいけど、自分の事でいっぱいいっぱいになってしまい、子供にまで愛情が注げず自分を責めてしまうというおかあさんもいると思います。

それは能力差ではなく、その対処法を知っているかどうかの違いだけだったりしますから、心配せず、ひとつずつ学習していきましょう。最初からうまくやれるおかあさんなんていません。みんなゼロから少しずつ学んで行ったのです。

【新生児が泣く原因は環境の変化に】

赤ちゃんというのは、生まれる前はずっとおかあさんのお腹の中にいました。そして、外に出て、環境がガラリと変わってしまうわけですが、この環境に適応できる赤ちゃんと、出来ない赤ちゃんがいます。これは能力の問題ではなく、感受性の強さだったり、柔軟性の問題だったり、鈍さだったりといった個性の問題である場合がほとんどなので、特に悩む必要はありません。

問題は、どうすれば泣き止むかという事を考えた方がおかあさんも赤ちゃんも負担が軽くなると思います。赤ちゃんを泣きやます方法ですが、お腹の中の環境と、ほぼ同じ環境を作り出してあげるよう努力すると、泣き止む可能性が高まります。

【環境の変化を感じさせないようにする】

たとえば、ゆらゆらとお腹の中にいるような、ベビーベッドなら、赤ちゃんは安心しますし、赤ちゃんはお腹の中にいる時に、おかあさんの心音を聞いて大きくなっていきますから、心臓の音が聞こえてくるおもちゃなどもありますので、それを使って聴覚的に安心させてあげる事も大事です。

PR

育児雑誌で見かける赤ちゃんモデルは意外なキッカケから始まります。

公園デビューがきっかけで赤ちゃんモデルへ | 赤ちゃんモデル募集ガイド

子育ての思い出をまとめるには、フォトブックはオススメです。

七五三特集 | フォトブックおすすめランキング